トップページ > 弁護士紹介 > 室田剛志

室田 剛志 (むろた たけし)



 京都府宇治市出身
 京都大学法学部卒業
 京都大学法科大学院修了
 

現在の弁護士会等での主な活動
 刑事弁護委員会委員
 人権擁護委員会委員
 高齢者・障害者支援センター運営委員会委員(以下、滋賀弁護士会)
 日弁連高齢者・障害者権利支援センター等


自己紹介

 弁護士になったのは、小学生の頃に好きだったドラマの弁護士に憧れていたことが原点になっていると思います。ずっと困っている人の役に立ちたいと考えていて、大学在学中から司法試験の勉強を始めました。合格後、いったん大阪での就職も考えましたが、企業法務だけでなく生活に身近な仕事をしたいと初心に帰り、滋賀で弁護士になりました。
 実際に弁護士の仕事をやってみて思うのは、事件の当事者の方が考える正しい結論と、法律が予定している結論が違っていることが多い、ということです。
 依頼者が大事にされている想いがある場合にはできるだけ尊重したいと思いますが、法律は個別の感情にはあまり配慮しないので、法律の解釈をするためには冷静かつ客観的な態度で臨まねばなりません。両者のバランスを見極めつつ、最大の利益を導くように努めています。  
 

趣味・モットー

 弓道、ランニング、自転車、ゴルフ(予定)
  現在の目標はゴルフをプレーすることと、フルマラソンで3時間30分を切ることです